おしゃれ用との違い

ウィッグウィッグというと女性がファッションの目的で使用する、また髪のトラブルを抱えた方が一般的に使用するというイメージが強いものです。しかし最近ではこのタイプだけではなく、医療用ウィッグも登場するようになりました。病気などで悩む方が注目している医療用ウィッグはおしゃれ用とはどの点で異なっているのでしょうか

医療用と名前がついているタイプのウィッグは、JIS規格においては、抗がん剤治療の副作用、円形脱毛症、また外傷といった理由によって脱毛した頭部をカバーするかつらとなっています。そのためファッションの一部として使用するおしゃれ用よりも、病気の場合には医療用を使用するほうが適切だといえるでしょう。具体的には肌に対して低刺激な素材を使っているという点が医療用では大きな特徴となっています。病気になると肌がより敏感になりやすいものですが、そういった状態でも使用することができます。また通気性やよく、長時間身に着けていても蒸れたりしにくい点も特徴的です。ファッションとは違って長時間身に着けるものなので、医療用では通気性の良さが要求されるわけです。さらに軽量という点もおしゃれ用とは異なっています。長時間使用するため軽量でないと重く感じたり、不快さを感じたりしてしまいます。身に着ける方の気持ちになっているのが医療用のウィッグなのです。

お勧めな方とは

医療用ウィッグをお勧めしたい方とは具体的にどういった方なのでしょうか。まずはがんの治療のため、抗がん剤を使用しているという方には特にお勧めになります。抗がん剤を使用すると副作用で脱毛の症状が起こってしまうことがあります。ただ抗がん剤を使用しなくなると髪の状態が改善されてきます。そのため一時的に使用する、また長時間使用するためおしゃれ用よりも医療用の方が適しています。髪の悩みを抱えている方は常にウィッグを身に着けたいと思うものです。そんな時に軽量で通気性がいいタイプだと不快感を生じないのでぴったりです。

けがをしてしまって脱毛の症状が出ている方にも医療用ウィッグはお勧めです。けがをした部分に負担を与えない軽量で通気性がいい医療用ウィッグは安心して身に着けることができるものです。けがをした部位は敏感になっているので、その部分に出来るだけ負担を与えない医療用は適しています。さらに何らかの理由によって円形脱毛症にかかっている方もいるものです。そんな方でも長時間使用することができるのが医療用ウィッグです、外出時など長時間身に着けることが多いため、おしゃれ用よりも医療用の方が快適に使用することができます。

Pocket